お金借りる即日

お金借りる即日おすすめナビ|今すぐお金借りたい人が今日お金借りるには?

このサイトでは、とにかく今すぐ急ぎでお金を借りたい方のために下記のことについてお伝えしています。
  • 今すぐにお金を借りるオススメの方法
  • 即日融資(※最短1時間)対応おすすめカードローン

結論を先にお伝えしてしまうと、今すぐにお金を借りる場合、アコムプロミスで借りるのが一番のオススメです。

 

プロミス、アコムのどちらとも

 

・大手都市銀行系金融グループがバックにいるので安心
・保証人・担保不要
・【最短1時間】のスピード融資
・初回利用なら30日間無利息なのでとってもお得

 

という特徴を持っています。

 

 

・・・詳しくは記事をご覧下さい。

 

【最短1時間】おすすめカードローンを今すぐ確認>>

 

今すぐお金借りるならアコムかプロミスがオススメ!

アコム

テレビコマーシャル「はじめてのアコム」で知名度の高いアコムは、そのフレーズが示す通りにはじめてお金を借りる多くの方に支持される人気カードローンです。初回のご利用の場合、30日間無利息でお金を借りることが可能です。

詳細はこちら≫

プロミス

プロミスの【WEB完結】なら借入に際しての一連の手続きすべてがネットのみで完了できます。審査スピードの速さに定評があるため、速攻でお金を借りたい多くの方がプロミスで借りています.初回利用の場合、30日間無利息(※1)で借入可能です。

詳細はこちら≫

(※1)メールアドレス登録・Web明細利用登録が必要です。

 

【即日OK】ユーザーおすすめランキング

カードレス

★プロミスの基本情報
実質年率 4.5%〜17.8%
限度額 1〜500万円
審査時間 最短30分
運営会社 SMBCグループ
SMBCコンシューマーファイナンス株式会社
SMBCグループのプロミスは信頼度・安心感が抜群です。WEB完結を利用して申し込むと、一連の手続きがネット上で終えられます。途中で分からない点があった場合でもオペレーターの方に電話で親切丁寧に教えてもらえるので安心です。女性オペレーターが対応するプロミスレディースも女性はもちろんのこと、男性にも人気です。

↓※女性・男性共に利用OKです↓
プロミスレディースの詳細を確認する>>

\即日借りるならプロミス!30日間利息ゼロ円で利用可能♪/

最短即日

★アコムの基本情報
実質年率 3.0%〜18.0%
限度額 1〜800万円
審査時間 最短30分
運営会社 三菱UFJフィナンシャル・グループ
アコム株式会社
三菱UFJフィナンシャルグループのアコムは、大手がバックにいるということで安心感があります。『はじめてのアコム』のキャッチフレーズ通りに、初めてお金を借りる方におすすめしたい人気のカードローンです。
\最短60分で融資OK!しかも30日間利息ゼロ!/

LPバナー200x200

★新生フィナンシャルレイクALSAの基本情報
実質年率 4.5%〜18.0%
限度額 500万円
審査時間 お申し込み後、最短15秒で審査結果表示
運営会社 新生フィナンシャル株式会社
21時まで(※日曜日は18時まで)に、審査・必要書類確認を含む契約手続きを完了すれば、当日中に振込みで借りることが可能です。(※一部金融機関および、メンテナンス時間等を除きます。)
\Webからの申込みなら最短60分で借入OK!/

LPバナー200x200

★SMBCモビットの基本情報
実質年率 3.0%〜18.0%
限度額 800万円
審査時間 10秒簡易審査
運営会社 SMBCグループ
SMBCモビット
※申込の曜日・時間帯によっては翌日以降の取り扱いとなる可能性があります。

\30代以上の方がよくご利用です/

 

今すぐお金を借りるのにプロミス・アコムがオススメな理由

このサイトでは、今すぐお金を借りるためにプロミスアコムをオススメしています。

 

なぜなら、以下のような特徴があるからです。

  1. 大手都市銀行系金融グループがバックにいるので安心
  2. 保証人・担保不要
  3. 【最短1時間】のスピード融資
  4. 初回利用なら30日間無利息なのでとってもお得

1.大手都市銀行系金融グループがバックにいるので安心

プロミス(SMBCグループ)もアコム(三菱UFJフィナンシャル・グループ)もどちらも、大手都市銀行系の巨大金融グループ企業です。

 

素性の知れない変なところからお金を借りるのは何かと不安ですが、大手銀行がバックにいるなら変なことするはずありませんからとても安心して借りられます。

 

2.保証人・担保不要

お金を借りるときの借り入れ先によっては、本人が返済不能になった時に備えて保証人や担保を求められるところがあります。

 

なかでも特に、本人が返済不能になった時に、本人に代わり借りたお金の返済をする保証人は非常に責任の重い役割なので、そうそう簡単になってくれる人というのは見つかりません。

 

今すぐにお金を借りたときに、保証人を探すところから始めていてはさくっと借りることができません。

 

その点、プロミスアコムも保証人・担保不要なのでサクッと短時間で借りるのにピッタリです。

 

3.【最短1時間】のスピード融資

プロミスアコムも借入までのスピードを売りにしています。最短の場合、両社とも申込み完了から1時間でお金を借りることができます。

 

申込み手続きも簡単で、運転免許証(本人確認書類※)さえあればスマホやPCから24時間いつでもネット申込みができます。(※借入希望額が50万円を超える場合などは収入証明書類も必要)

 

これほどスピード感のあるお金の借り方は他にあまりありません。たとえば、多くの人にとって身近な金融機関である銀行の場合、審査に時間がかかるので最短でも数日程度はかかってしまいます。また、審査も厳しく年収500万円程度はないと審査通過は難しいと言われています。

 

4.初回利用なら30日間無利息なのでとってもお得

プロミスアコムも初めて利用する方を対象として、一定期間無利息サービスを実施しています。

 

極端な話をすれば、無利息サービスを利用して無利息期間内に全額返済すれば、1円の利息もかかることなく完全に無利息でお金を借りることさえできてしまいます。

 

各社の無利息サービスの内容は以下の通りです。

プロミス
・初めて利用する方が対象
初回借入日の翌日から30日間無利息

 

アコム
・初めて利用する方が対象・
・契約日の翌日から30日間無利息

どちらも、無利息期間は30日間で同じですが、無利息期間の始まる日が異なります。

 

アコムが契約日の翌日が無利息期間開始日となっているのに対して、プロミスは初回借入日の翌日が無利息期間開始日となっています。

 

そのため、もしも契約してから実際にお金を借りるまでに間があいてしまうようなことがあれば、30日間の無利息期間を1日も無駄にせずプロミスのほうが有利です。

 

したがって、今すぐお金を借りる人にお勧めする優先順位としては、

プロミスでまだ借りたことがない方
プロミスがオススメ

 

プロミスで借りたことがある方
アコムがオススメ

ということになります。

 

今すぐお金借りるならアコムかプロミスがオススメ!

アコム

テレビコマーシャル「はじめてのアコム」で知名度の高いアコムは、そのフレーズが示す通りにはじめてお金を借りる多くの方に支持される人気カードローンです。初回のご利用の場合、30日間無利息でお金を借りることが可能です。

詳細はこちら≫

プロミス

プロミスの【WEB完結】なら借入に際しての一連の手続きすべてがネットのみで完了できます。審査スピードの速さに定評があるため、速攻でお金を借りたい多くの方がプロミスで借りています.初回利用の場合、30日間無利息(※1)で借入可能です。

詳細はこちら≫

(※1)メールアドレス登録・Web明細利用登録が必要です。

 

カードローンでお金を借りるときの基礎知識

ここでは、カードローンでお金を借りるのが初めてという方のために、知っておきたい基礎知識を紹介します。

 

申し込みできる人の条件

大手消費者金融カードローンに申し込める人の条件は以下のとおりです。

1.20歳以上である
2.安定した収入がある

1.20歳以上である

お金の貸し借りは法律上の契約行為に当たりますが、契約の相手方が未成年の場合、あとから取り消すことができてしまいます。

 

カードローン会社からすれば、後になってから取り消されてしまっては、安定的な取引ができないため、多くのカードローン会社では20歳以上であるという要件を定めているということです。

 

2.安定した収入がある

カードローンで借りたお金は返済して行く必要があります。滞りなくきちんと返済して行って貰えるように、安定した収入があることも要件として求められています。

 

ここで言う「安定した収入」というのは、毎月1回以上の収入があることです。契約金額にもよりますが、大手消費者金融カードローンの場合、毎月数万円の収入があれば審査通過してお金が借りられる見込みはあります。

 

たとえば、

 

・アルバイトをしている大学生
・パート勤めの主婦
・契約社員
・派遣社員

 

などでも審査通過してお金が借りられる可能性があるのです。

 

※大手消費者金融に対して、銀行カードローンは審査が厳しく年収500万円以上はないと審査通過は厳しいと言われています。

 

申込みに必要な書類

プロミスアコムなどの大手消費者金融カードローンの申込みに必要なのは、以下の書類です。

1.本人確認書類(運転免許証等)
2.収入証明書(給与明細書等) ※

 

※ただし、収入証明書は以下のときのみ必要です。
・希望借入額が50万円を超える場合
・希望借入額と他社でのご利用残高の合計が100万円を超える場合

 

1.本人確認書類

本人確認書類として使用できるのは以下の書類です。

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 健康保険証 + 住民票

※上記書類に記載された自宅住所と現在の住所が異なる場合は、現在の自宅住所が記載された以下の書類のいずれかのコピーも必要です。

  • 国税または地方税の領収書、もしくは納税証明書
  • 社会保険料の領収書
  • 公共料金の領収書(電力会社、水道局、ガス会社、NHK発行のもの)
  • 住民票の写しまたは住民票の記載事項証明書

(※全て発行日から6ヶ月以内のものに限る)

 

2.収入証明書

前述の通り、

 

・希望借入額が50万円を超える
・希望借入額と他社でのご利用残高の合計が100万円を超える

 

のうち、いずれかに該当する場合、本人確認書類に加えて収入証明書類が必要です。

 

収入証明書類として利用できるのは以下の書類です。

  • 源泉徴収票(最新のもの)
  • 確定申告書(最新のもの)
  • 給与明細書(直近2ヶ月+1年分の賞与明細書)

※賞与がない方は直近2ヶ月の給与明細書も必要。

 

借入可能額と収入の関係(※総量規制)

カードローンで借りるお金と収入には、ある程度相関関係があります。収入が多いほど、返済能力が高いと考えられるため、それだけより大きな金額を借りやすくなるのです。

 

大手消費者金融カードローンの場合、それに加えて貸金業法上の「総量規制」というルールが適用されるため、各貸金業者からの借入額の合計は年収の3分の1となります。

 

したがって、消費者金融からお金を借りる場合、年収300万円の人なら100万円が借入出来る最高金額ということになります。

 

ただし、いきなり年収の3分の1まで借りられるわけではありません。特に初めて利用する場合、カードローン会社もいきなり貸しすぎないようにするため、収入によりますが10万円〜50万円程度の限度額となることが多いです。

 

審査の内容

カードローンに申し込むと、審査が行われます。審査は、「この人にお金を貸してきちんと返済して貰えるか」という視点に立って、本人の返済能力が見られます。

 

先ほどお伝えしたとおり、一般的に年収が高い方が返済能力が高いと判断される傾向にありますが、主に以下のような項目が審査の対象となります。

  • 年齢
  • 年収
  • 勤務先
  • 勤続年数
  • 雇用形態
  • 居住形態
  • 家族構成
  • 他社での借入状況
  • 過去の延滞の有無

これらは、申込時に記載した自己申告の内容だけでなく、個人信用情報機関に蓄積されたデータも合わせて審査されます。

 

個人信用情報機関とは、各ローン会社やクレジット会社の利用履歴の情報がデータとして蓄積されている各ローン会社やクレジット会社が加盟する機関です。各貸金業者等は、これらの情報もあわせて審査の参考にしているのです。

 

したがって、自分の返済能力を高く見せようとウソの自己申告をしても簡単にばれてしまう可能性が高いです。その場合、非常にカードローン会社審査担当者からの心象は悪くなってしまうので、申込時の記載事項は正直に書くようにして下さい。

 

審査が不安な方は、一度借入可能かどうか簡易審査を受けてみて下さい。(簡単な質問に答えるだけで数秒ほどで結果が判明します。)

 

 

在籍確認

カードローンに申し込むと、申込時に記載した勤務先に確かに在籍して勤務しているかどうかを確認する「在籍確認」と呼ばれる手続きが行われます。

 

在籍確認は、通常、記載された勤務先電話番号に電話をして申込者本人を呼び出すことによって行います。(※SMBCモビットのWEB完結など書面上のみで在籍確認を行います。)

 

大手消費者金融カードローンの在籍確認電話は以下のような感じで掛かってきます。

 

スズキ(カードローン会社の担当者個人名)と申しますが、○○さんはいらっしゃいますか?

 

これに対し、銀行カードローンの在籍確認電話は以下のような感じで掛かってきます。

 

××銀行融資担当のスズキと申しますが、○○さんはいらっしゃいますか?

 

銀行カードローンでは、銀行名や融資担当者であることを名乗るので、お金を借りようとしていることが周囲の同僚にバレてしまうリスクが高いです。

 

それに対して、個人のプライバシーへの配慮意識の高い大手消費者金融カードローンでは、担当者個人名しか名乗らないので一見すると取引先や知人と区別がつかないので、周囲に借入がバレる可能性は低いです。

 

在籍確認の電話は、あくまで在籍確認をすることが目的なので、あれこれと聞かれることはありません。目的が達成されればあっさりと電話が終了します。

 

勤務先への在籍確認電話を回避する方法

中には、

 

「普段電話がかかるような職場ではないので不自然」
「電話を受ける立場ではないので怪しまれる」
「絶対にバレたくない」

 

といった理由から、勤務先への在籍確認電話をかけてほしくないという方もいると思います。

 

そのような方は、SMBCモビットのWEB完結がオススメです。

 

SMBCモビットのWEB完結なら、

 

・勤務先への在籍確認電話なし(書類上で在籍確認を実施)
・自宅への郵送物なし

 

でお金が借りられます。

 

会社や同僚はもちろん、家族にも誰にも借入をバレたくない方にオススメのカードローンです。

 

SMBCモビットWEB完結の詳細を確認してみる>>

 

かかる利息の計算の仕方

お金を借りたときには、いったいどれくらいの利息がかかるの気になると思います。そこで、ここでは借入額と利率からかかる利息を自分で計算する方法をお伝えします。

利息金額 = 借入額 × 利率 ÷ 365 × 借入日数

 

返済方法

カードローン会社各社では、利用しやすい様々な返済方法を用意しています。当サイトおすすめのプロミスアコムの返済方法は以下の通りです。

 

プロミスの返済方法
  • インターネット返済
  • 口フリ(口座振替)
  • お客様サービスプラザ(店頭窓口)
  • プロミスATM
  • コンビ二(マルチメディア端末)
  • 提携ATM
  • 銀行振込
アコムの返済方法
  • インターネット返済
  • 口座振替
  • 店頭窓口
  • アコムATM
  • 提携ATM
  • 銀行振込

 

返済シュミレーション(※返済額と利息の例)

ここでは、実際にお金を借りたらどのような形で返済して行くことになるのか、返済額と利息についてシュミレーションしてみます。

 

たとえば、10万円を最大金利が大手消費者金融中最低のプロミスで借りて半年(6ヶ月、6回)で返済した場合、利息・返済額は以下のようになります。

 

【例】プロミスで10万円借りて半年(6回)で返済

単位:円

回数 返済額 元金 利息 残高
1 17,542 16,059 1,483 83,941
2 17,542 16,297 1,245 67,644
3 17,542 16,539 1,003 51,105
4 17,542 16,784 758 34,321
5 17,542 17,033 509 17,288
6 17,544 17,288 256 0
累計 105,254 100,000 5,254 0

 

今すぐお金借りるならアコムかプロミスがオススメ!

アコム

テレビコマーシャル「はじめてのアコム」で知名度の高いアコムは、そのフレーズが示す通りにはじめてお金を借りる多くの方に支持される人気カードローンです。初回のご利用の場合、30日間無利息でお金を借りることが可能です。

詳細はこちら≫

プロミス

プロミスの【WEB完結】なら借入に際しての一連の手続きすべてがネットのみで完了できます。審査スピードの速さに定評があるため、速攻でお金を借りたい多くの方がプロミスで借りています.初回利用の場合、30日間無利息(※1)で借入可能です。

詳細はこちら≫

(※1)メールアドレス登録・Web明細利用登録が必要です。